史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

ヨーロッパ旅行!おすすめルートは!?

 

ヨーロッパの人気観光地といえば、イギリス、フランス、ドイツなど様々ありますが、、、

旅行会社などのツアーを見てみると、「フランス7日間」とか「イタリア縦断7日間」など、一カ国を満遍なく楽しむプランが多いです。

 

ユーロ圏はビザなどの面倒な手続きも必要ない上に、高い飛行機代や、往復にかかる時間などを考えると、

どうせ行くならいろんな国に行って見たいと思うのは、私だけではないはずです!

 

そこで、私のおすすめルートを数回に分けて紹介したいと思います!

 

 

 

7日間の旅を想定した時、私が一番におすすめしたいのはこのルートです。

  1. パリ

f:id:tagoduke:20170731182924j:plainf:id:tagoduke:20170731182941j:plain

 

f:id:tagoduke:20170731183038j:plain

 

 

整然とした街の区画と統一的な建築物の数々は、ここにしかない荘厳な空間を作り出します。

街並みもさることながら、個人的に、フランスは、最も多様性が認められる社会だと 思います。

様々な人種が街に溢れ、一人一人が他者を尊重する意識が非常に高いと、短い滞在ながら感じました。

 

f:id:tagoduke:20170731183442j:plain

ガイドブックではなかなか紹介されないですが、こちらの写真のカタコンブは必見です!

 

もとはパリ市内の建物につかされる石材の採掘場だったようですが、

キリスト教圏特有の土葬の文化が原因で街が汚染されて行ったことを期に、埋葬されていた人骨を掘り起こして、採掘場に骨を移動させてこのような空間が出来上がったそうです。かなり地中深くまで階段で降りるため、閉塞感と恐怖感がすごいので、多少覚悟が必要です。

 

 

2.ブルージュ

 

中世には、イギリスから送られてくる羊毛を毛織物に加工したことで、商業の要衝として栄えました。

産業革命が起こる前、世界の貿易の中心地は、ブルージュアムステルダムアントワープなどが担っていたことは意外と知られていないかもしれません。

 

これらの都市に共通して見られるもの、それは、水路です。

f:id:tagoduke:20170805195417j:plain

f:id:tagoduke:20170805195513j:plain

f:id:tagoduke:20170805195559j:plain

 

ブルージュの街中には毛織物やがたくさんあるため、いいお土産になります!

 

 

3. アムステルダム

 

かつて、日本と貿易していたオランダ人もここから日本まで旅だったのかと想像すると、感慨深いです。

 

水路が巡る街並みはと、建築は本当に綺麗です!

 

f:id:tagoduke:20170731184022j:plain

f:id:tagoduke:20170805200304j:plain

f:id:tagoduke:20170805200206j:plain