史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

欧州周遊12日目 プラハ 2017/3/2

 

朝7時の列車でブラハに向かう。
スマホで確認していた時刻が違う駅の時刻であることに気づき、急いで向かい、発車1分前にぎりぎり滑り込んだ。
ベルリンと冠する駅に3つ停車する列車だったためこういう勘違いが起きた。
東京駅にあらゆる線が集約しているという日本の便利さに気づく。
川沿いをひた走り、2時間ほどでプラハにつく。10分ほど歩いてホステルに向かう。
街は華やかでおしゃれ。観光客であふれかえっていた。
市内はトラムやバスが走るが、主要観光スポットは歩いても1日で楽々回れる。
 
f:id:tagoduke:20170731165417j:plain

歩いているだけで楽しい。平地にある旧市街を通らずまずは高台に向かう。
せっかく上ったからと、山頂にある塔に上る。
 

f:id:tagoduke:20170731165509j:plain


もちろん有料なためチケットを買おうとするも現金のみ。
仕方なくそばにあったATMへ。まだチェココルナを持っていなかったのだ。
1日しかいないため2000円分くらいでよかったのだが、5000円分くらいが取引の最低金額。
やむを得ず引き下ろした。(夕方余った分は銀行でユーロに両替した)
続いてプラハ城へ。
 

f:id:tagoduke:20170731165540j:plain


30年戦争のきっかけともいえる場所である。
一度平地に降りて、再び坂を上る。
場内の聖ヴィート大聖堂はパリのノートルダムと瓜二つ。かなりでかかった。
 
f:id:tagoduke:20170731165449j:plain

きれいな橋を通って旧市街へと向かう。
細い路地が迷路のように続く。
チェコの偉人フスの像もあった。
 
f:id:tagoduke:20170731165615j:plain
 
そろそろパンは食べたくない。
日本食のお店に入り、しょうゆラーメンを食べる。1500円ほど。
ドイツと変わらないくらいの物価。北欧よりはだいぶましである。
プラハは観光都市。政治や経済の色は皆無だった。
人も結構優しい。変なルールみたいなものもなかった。