史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

欧州周遊10日目 ベルリン 2017/2/28

 

コペンハーゲンからハンブルクまでの国際列車に乗る。
前日にユーレイルパスで座席指定をしておく。5クローネだったか。乗車率は70%ほど。
4人向かい合わせの席。前にはおそらくドイツ人の女子大生。隣にはデンマーク人の女性。
二人とも親切。女子大生は経済の課題をやっていた。隣の女性も本を読んでいた。
二時間ほどすると列車ごとフェリーに乗り込んで40分くらいで海を渡る。
 
f:id:tagoduke:20170731164552j:plain
 
 

わたり終わるとすぐの駅で車両が動かなくなり、乗り換えをすることに。
周りの人たちは慣れた様子。
さらに1時間半ほど走ってハンブルクに到着。
ドイツはユーレイルパスを持っていれば座席の予約なしで高速鉄道に飛び乗れるということだったので、
乗り換え10分でプラハ行きの列車でベルリンに向かう。
 
f:id:tagoduke:20170731164617j:plain
 

所要2時間。車窓からは平原が見える。家も列車駅付近以外にはほとんどない。
日本はどれだけ人口が密集しているのかがよくわかる。
16時ころにベルリンに到着。
ベルリンは相当交通網が発達しているようだ。
地下鉄、トラム、バス、なんでもあるが、如何せん切符の種類と買い方がわからない。
駅構内の案内板を見ても、線の名前ばかり書いてあってどこ行きの電車なのかわかりずらい。
地下鉄も改札がなく、不正し放題だし、もう少しちゃんとしてほしい。
結局、切符で相当損をした。
悪戦苦闘しながら、7キロほど離れたホステルに1時間かけて移動。
一泊20ユーロしなかったと思う。
宿の近くに大型ショッピングセンターがあり、そこのフードコートへ。
アジア料理屋で米と野菜炒めを食べる。味が濃いがうまい。
店員さんは全員アジア人。日本人ぽくもあったけど、完全にドイツ語をしゃべっていた。