史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

欧州周遊9日目 コペンハーゲン 2017/2/27

列車で1時間ほどかけて、クロンボー城に向かう。すぐ対岸はスウェーデン
 
f:id:tagoduke:20170730233311j:plain
 

 


天気は悪いが、怪しい雰囲気が出てむしろいいかも。
ここはハムレットの舞台となったお城。
 
f:id:tagoduke:20170730233329j:plain
 

主人公の父親の霊が今にも出てきそう(うろ覚え)。
しかし、あいにくの休館日で中には入れず。

 

 

 


続いて、列車で40分ほどかけてコペンハーゲン市内とクロンボー城を三角形で結んだところに位置するフレデリクスボー城に向かう。
最寄駅から15分ほど歩く。
城は池に囲まれ、池の周りは遊歩道になっている。遠回りだが池を一周。
 
f:id:tagoduke:20170730233345j:plain

観光客はかなりまばら。
きれいなお城だった。
 
 
 
f:id:tagoduke:20170730233409j:plain
 
列車で1時間かけてコペンハーゲン市内に戻る。
市内にもいろいろ観光スポットがあるが、回る気力がなくホテルに戻る。
北欧、とくにデンマークはコンビニが多い。セブンが多い。駅構内もそうだが、街中のあちこちにそれこそ東京レベルである。
値段は高いが、とても助かる。薬用品も多少おいてある。
食事はスーパー、コンビニ、マックのどれかで安く済ませる僕的には、デンマークのセブンにはサンドウィッチだけでなく調理済みのパスタが5種類ほどおいてあったのがとても助かった。
パンばかり食べてたから妙にうまく感じる。ドライトマトみたいなのが入ってたが、これが絶品。
日本では見たこともないが、こっちではわりとメジャーなのかスーパーでも見かけた。
うまい。これは日本でも流行りそう。

コペンハーゲンは北欧の中では一番発展している。
街並みはそこまで古風でもない。
みんな英語が上手だし、人もおおらかで好印象。
しかし、オスロ同様少々インパクトには欠ける。