史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

欧州周遊8日目 オスロ コペンハーゲン 2017/2/26

オスロからコペンハーゲンへ向かう。途中、スウェーデンの街で一回乗り換える。
列車は午後1時に出発するのが最初のよう。1日に3本程度か。
午前中は宿でゴロゴロ。10人部屋ではあるがこの日は、僕ともう一人しか止まっていなかった。
昼間に街に出ても人がほとんどいない。東京が異常なのはわかるが、一国の首都、それも昼間である。
都市ごと、それぞれの色が見える。
昼間駅に向かい、コンビニでサンドウィッチと500mlの水を購入。
750円ほどした。物価が明らかに高いため、北欧での長居は、バックパッカーには禁物だろう。
f:id:tagoduke:20170730233105j:plain
 
 
 
 
 
途中のスウェーデンの駅までは、乗車率40%ほどの込み具合。
ノルウェースウェーデンの国境付近でパスポートコントロールがあった。
スウェーデンは比較的厳しい国のようだ。
乗り換え時間20分ですぐにコペンハーゲン行きに乗車。
始発駅から満席。簡易席で3時間をやり過ごす。
乗客を見ていると、以降の国でも見られたが、車内をチケットチェックでまわる車掌に対し、
スマホを提示し、車掌がバーコードを読み取るというやり取りが多く見られた。
コペンハーゲンに19時ころに到着し、ターミナル駅から徒歩3分のホステルに向かう。
建物はすぐに見つかり、1階がバーになっていた。
しかしどこを探してもフロントが見つからず、うろうろしていると、パソコンが4台ほど並ぶエリアを発見。
どうやらこれでチェックインするようだ。予約番号か氏名の入力が必要。
チェックインするとレシートが出てきてそこに部屋番号とキーナンバーが記載されてあった。
無人チェックイン、アウトというハイテクホステルだった。居心地も良好。ここで2泊。