史学生のつぶやきと一人旅

自分の力で成し遂げる「何か」を求めて

欧州周遊3日目 サンクトペテルブルク・ロシア 2017/2/22

朝はしっかり寝て10時に起床。
セルフのコーヒーベンダーがおいてあり、最高。
コーヒーとコーラはどこへ行ってもうまい。

11時半ころ地下鉄で移動し、小型バスに乗り換えて、エカテリーナ宮殿へ。

やっと日が差した。
依然寒いが気分がいい。f:id:tagoduke:20170415175112j:plain

 

 

宮殿の大広間は荘厳の一言。

f:id:tagoduke:20170415175114j:plain


大黒屋兵太夫がここで皇帝に謁見したようだ。すごい。
しかし今の建物は、WW2でナチス軍に破壊されたのちに再興されたものらしい。

館内見学を終えて外に出ると、また天気が悪くなっている。

 

 

 

 

つぎの目的地にむけ移動。
着たとおりに戻り、地下鉄に乗り換え、また小型バスで30分ほどかけて16時半ころ、ペテルゴーフに到着。
途中の地下鉄での乗り換え途中、日本好きのロシア人青年に声をかけられる。うれしかった。

この日は調子がよく、ペテルゴーフでも写真を撮ってもらった。

f:id:tagoduke:20170415175125j:plain

 

f:id:tagoduke:20170415175130j:plain

 


あいにくこの日は休館日だったが、その外観は見事なもので、数百メートル先のバルト海は氷がはってとてもきれいだった。

夕食はこの日もファストフード。
ケンタッキーの同世代くらいの店員さんがクレープ的なものをまるまるサービスしてくれた。
おそらく、私は寒さと疲れでひどい様相を呈していたのだろう。
今日は人のやさしさに触れた。

 

 

 

 

 

f:id:tagoduke:20170415175137j:plain

f:id:tagoduke:20170415175141j:plain

f:id:tagoduke:20170415175154j:plain